栃木県プロパンガス料金の適正と相場

栃木のプロパンガス料金事情

栃木県のプロパンガス消費者の方へ。プロパンガスの料金は少しずつ値上がりする事を知っていますか?栃木県は値下げ対策が可能な地域の為、適正価格のご提案を行い利用者の方へガス代削減のお手伝いが可能です。

栃木県の平均価格(相場)
基本料金1,547円/従量単価502円/㎥
石油情報センター栃木県平均価格より(2018年8月辞典)

栃木県の適正価格
基本料金1,500円/従量単価270円/㎥〜

削減額(差額)
基本料金-47円/従量単価-232円/㎥

月間・年間だと下記のようにお得になります!

─────────────
栃木県のプロパンガス料金の比較表
─────────────
栃木県の平均価格と適正価格の比較
10㎥使用時
平均価格6,567円
適正価格4,200円
月間削減額(差額)2,367円もお得!
年間削減額(差額)28,404円もお得!
栃木県

20㎥使用時合計額
平均価格11,587円
適正価格6,900円
月間削減額(差額)4,687円もお得!
年間削減額(差額)56,244円もお得!

─────────────

栃木県内各市区町村は見直せます!

足利市/宇都宮市/大田原市/小山市/鹿沼市/河内郡上三川町/さくら市/佐野市/塩谷郡/塩谷郡塩谷町/塩谷/高根沢町/下野市/栃木市/下都賀郡/下都賀郡壬生町/下都賀郡野木町/芳賀郡/芳賀郡市貝町/芳賀郡芳賀町/芳賀郡益子町/芳賀郡茂木町/那須郡/那須郡那須町/那須郡那珂川町/那須塩原市/那須烏山市/日光市/真岡市/矢板市

栃木県の相場価格、平均料金のからくりとは

平均や相場と言われると、業界が定める標準価格をイメージされる方が多いと思いますが、プロパンガス業界では全く違います。プロパンガスの平均価格は、ガス業界が創り上げてきた料金形態のイメージによって生み出された料金であり、ガス会社側の都合によってつくられている為、一般的な競争社会の中で生まれてきた価格ではありません。
ガス会社側が言う「安心して下さい。平均価格ですよ。」には安心してはいけません。

適正価格で提案できる優良ガス事業者とは

適正価格で供給をし続けてくれるガス会社が実際にいるのでしょうか。もし安くなるのであれば、家計のコストを軽減できる素晴らしいガス会社ですね。しかし、大手であっても非常に高い料金を平然とつけている業界の為、会社規模で判断ができません。
安心できるガス会社を無料で紹介してもらえます!
適正価格で供給するガス会社の協力で全国各地へ都市ガスと比較しても遜色のない低価格のガス料金を実現化してくれる素晴らしい団体を紹介したいと思います。

知人の相談事例を紹介しますね。
─────────────
・相談者:会社員
・相談理由:去年に比べて単価200円値上がりした為。
─────────────
・相談内容
建売住宅を購入してから7年程が経ちました。
物件購入時には気にならなかったのですが、ガス会社の契約も促されるまま契約を済ませました。
しかし、プロパンガスの場合、ガス会社が違うと料金が違う事に気が付き今のガス料金が安いのか高いのか気になりました。
平均的なガス代であれば良いと思っていたのですが、平均的な価格がいくらかも検討がつかなかった為、知人に相談したところ、適正価格のガス会社紹介をしてもらえる団体を教えてもらいました。
電話相談したところ、非常に対応も丁寧で迅速にガス会社を紹介してくれるとの事。
相談してから翌日には連絡がきて、新しいガス会社を紹介してくれる事になりました。
しかし、10年間は今のガス会社を利用しなければいけない契約になっていたようです。
こうした問題にも親身に対応して頂け有りがたく思っています。
ガス会社側からは辞めないで欲しいと突然担当者が家まできましたが、アポも無しに辞めると言った途端に料金を下げるなんて信用できるはずもなく、紹介してもらうガス会社への変更を心に決めていました。
10年契約で7年間経っていたので、支払切れていない残債額が3年間分あったのですが協会の方が新しい契約ガス会社に話をつけてもらい、私が支払うものは何もなく、ただただガス代だけを安くする事ができました!

実家もプロパンだった為、すぐに協会に連絡してもらい実家も安くする事ができました!
こんなサービスが良い協会はみんなに知ってもらいたいです!

ガスの事で困った事があればまた連絡させて頂こうと思います。

優良ガス事業者紹介団体

関連記事:神奈川県のガス会社|ガス自由化

関連記事:神奈川県のプロパンガス会社・LPガス販売店一覧【まちがす】

参考記事:プロパンガス最安値料金 | プロパンガス 料金比較

プロパンガス適正料金の真実 – プロパンガスの料金実態を暴く

プロパンガスは自由料金

プロパンガス(LPガス)は自由料金体制であり、
各事業者が自由に料金を設定しています。
業者の違いによって大きく料金を引き下げる事ができます。
主婦の方にとっては家計の負担を軽減させる事ができます。
悪質な業者と契約を続けていると平均値を超えて高過ぎるガス料金になっているかもしれません。
電力自由化で安い電気代になるのであればと考えて、新電力会社へ切り替える方が急増しています。
しかし、電力削減率は大手既存電力会社の5%OFF前後程度の効果です。
プロパンガス会社の変更をする事で、月々数千円単位でガス代が削減できます。
ガス代が高いからガスを節約する方も多い事と思います。
近隣のガス会社の中から適切なガス会社を案内してくれる団体があるのをご存じですか?
まだまだこの事実を知らない方が全国的に多く、LPガス業界も顧客獲得に奮闘しています。
悪質なガス事業者は、営業時の提案は安いのですが、
契約後にしばらくすると少しずつ値上げしてくる場合もありトラブルを引き起こす大きな要因となっているようです。

関連記事:プロパンガス料金は高い?平均価格と適正料金を確認!

トラブル回避の為の注意事項

  1. 契約時に安過ぎる料金には注意が必要!
  2. 訪問営業による巧みな話術
  3. 適正価格を維持するお約束

特に③の保証サービスがあると安心できます。
契約後の不透明な値上げが無くなり、ずっと安いガス料金を維持する事ができます。
ガス事業者は全国で2万社程あり、ご自身ではどのガス会社が適正価格か見分けるのは困難です。
ご近隣の方からの評判が良くても、同じ料金とは限りません。
さすがにお隣さん同士で別々の料金はないとは思いますが。。。
徐々に料金を高くする行為が一般的なガス業界にとっては、隣同士であってもわかりませんね。

参考記事:プロパンガス(LPガス)料金の適正価格と相場!

悪質な訪問営業

営業マンは成績を伸ばす事ができれば、その成果は自分の給与に反映します。
顧客の契約獲得の為に良くない営業手法も目立つ業界です。
上記注意事項にも記載していますが、提案時の料金が安過ぎる場合です。
250円/1立米単価は安過ぎます。
使用量がすごく大きな店舗など、業務用の場合はあり得るのですが、一般家庭では維持できない安過ぎる料金です。
大事な事は、ガス会社にも利益幅があり無理なく維持する事ができる価格帯である事です。
安心できる業者を選定するには、プロパンガス事業者の紹介に特化している団体が良いと思います。

地域が違うと最安値も違う

全国一律で価格を決める事はできません。それは都市ガスも同様です。
東北地方はガス代が高い傾向にあり、北海道が日本一高いエリアと言われています。
基本料金設定から高くなっているケースもあるようです。
最安値価格もガス事業者が作り出している価格であり、利益幅も事業者によって違います。
卸し元になるような大手のガス会社では大量にガスを仕入れますから、安価に仕入れられます。
しかし、卸元から購入している事業者は仕入価格に上乗せして利益を生み出します。
こうした状態を考え、卸元も販売店より安くなり過ぎないように、ある程度高い価格設定で一般供給している事が多いようです。
それでは、価格競争は起きにくい体制は変わりませんよね。
業界のパワーバランスを考えるガス事業者は、安価で出せる場合でも地域毎の価格設定を引き上げ平均値を高く釣り上げているようです。地域のガス事業者で談合している噂も良く耳にします。

参考記事:プロパンガスの適正価格と相場 

談合のガス業界

地域で力のあるガス会社は、小さな販売店より安く出せるにも関わらず、それより高額な設定にしているケースも問題です。
力があるが故にライバル社は少なく、中小ガス事業者はお客様を奪う行為を一切行いません。
睨まれると地域で活動がやり難くなり、逆に顧客を取られてしまう事を恐れます。
これは正しい経済社会を生み出す事が出来なくなります。
一般的には価格競争を行いライバル社同士が切磋琢磨し業界はより活性化していきます。
しかし、LPガス業界は時代とは逆行した昔ながらの悪しき体制が引き継がれ続けています。

優良ガス事業者検索

こうした様々な問題を抱えているガス業界ですが、消費者にとってはどのようなガス会社との契約が好ましいのでしょうか?
ご自身で探すにしても安い価格帯がどの程度で、高いのはどの程度なのか判断が難しいでしょう。
そんな時には、ガス料金コンサルのプロに聞くのが一番です。
中でも信頼と実績がある以下の団体をオススメします!!

プロパンガス会社・LPガス販売店一覧【まちがす】

 

 

プロパンガスを安くする為の対策紹介

プロパンガス料金を下げる

プロパンガス(LPガス/LPG)について、どのような商品であるかをご説明します。
なぜ料金が一定ではなく高くなったり安くなったりするのでしょうか?
また、見直す事ができるガス会社を良心的なガス会社へ変更するメリット・デメリットはあるのでしょうか。

本ページは5分ほどでお読みいただけるので是非お付き合い下さい。
お時間の無い方は是非ブックマークしておくと後ですぐに読む事ができます。

プロパンガス料金を変更する為の『 6つのメリット 』

地域最安料金 のプロパンガス会社に変更可能する為のメソッド!

①地域最安値のガス会社へ契約を変える。

地域が違うと最安値価格も違います。
対象物件の所在地からもっとも料金が安いガス会社に変える事です。
平均的な料金と比べても30%以上は安くなり、大幅にガス代を削減する事ができます。

②安い価格をずっと維持する事ができる。

ガス会社側は勝手な会社都合から不当とも言える値上げを繰り返します。
消費者へ真っ直ぐ提案しているガス会社とのお付き合いは不当な値上げがなく安心できます。

③全て無料で対応ができます。

ガス料金が安いガス会社へ契約を切り替える際に、基本的には無料で全て可能です。
また、ガス会社を紹介してくれるサイトも増えていますが、基本的には相談料など一切必要ありません。

④給湯器などのガス機器を無料または格安交換

目安ですが、給湯器の寿命は早くて7年~10年程でしょう。
古い給湯器の場合は、変更をオススメしますし、ガス会社切替の際に合わせて相談する事で非常に安価で入手できます。
ガス会社によっては無料設置してくれる事もあります。

⑤ガス機器のメンテナンス費が不要。

ガス機器の調子が悪いなど気になりますよね?まさか爆発したり・・
メンテナンスに関してもしっかりみてくれるガス会社であれば、そんな心配も不要です。
特に賃貸大家さんはメンテナンスフリーにした方が手離れも良く、維持費もかかりません。

⑥価格保証

一番重要な事は、適正価格を維持してもらえる良心的なガス会社との契約です。
しかし、ガス会社側は価格のお約束はしてくれません。
それは輸入に頼っている為、輸入原価に左右される事が大きいです。
消費者側からすればそれを理由に値上げを繰り返されてはたまりません。
価格保証してもらえる、団体から紹介してもらう事で価格を維持する事ができるようになります。

適正価格の維持に努めるガス会社

大手ガス会社であれば安心できるかというとそうではありません。
もちろん、小さな町の販売店だから高いとも言えません。
親戚のガス屋さんだから安い訳でもありません。
ガス会社が見据える方向性に左右されてしまいますから、ご自身で探すには大変です。
不当に高い料金ではないガス会社とは、全国に2万以上の販売店がある中から探せませんよね?
また、探してみても実際に供給してくれるガス会社の料金は、物件毎で異なっている事も良くある話です。

ただガス会社を変更するだけで、月に数千円、年間で数万円もの差が出ているプロパンガス業界を見直していき、消費者側の認識を改めていく必要があります。
都市ガスやオール電化物件が増えており、供給数は年々少なくなっています。
しかし災害大国である日本では欠かせない供給体系である事は日本政府としても認めている事実があります。

健全なガス業界を目指して

正しい競争社会のルールとは、末端消費者を騙す体制ではなく納得してもらえる体制です。
料金だけではなくサービスの向上も同時に目指していき、各社切磋琢磨する業界へ真価が問われています。

最近では安過ぎるのは良くないとして、
250円提案していた団体が280円や270円を提示し始めており、また消費者を騙す結果になる悪質業者も目にします。
契約後も安心できるガス事業者を紹介する団体に相談してみましょう。

安心ガス比較団体

関連記事:神奈川県のガス会社|ガス自由化

関連記事:神奈川県のプロパンガス会社・LPガス販売店一覧【まちがす】

プロパンガス料金を比較する

プロパンガス料金を比較

少しでもガス代をお安く変えていきたい方は必見です!
一般家庭へ供給されるガス料金について、関連情報を掲載しているWebサイトです。
地域が違うとガス料金も違います。地域の最安値料金へ見直す為の情報を掲載していきます。
業界のニュースや料金に関してWEB調査を繰り返してきてわかってきた多くの事があり、重要なポイントをお知らせしていきます。

提携ガス会社同士の談合問題

他の事業ではあまり考えられない状況がプロパンガス業界には存在しています。
例えば卸元のガス会社の契約を販売店は契約をしませんし、逆に卸し先の販売店の顧客を奪うような行為はしません。
それだけではなく、社長同士が仲が良いから。程度の理由でも契約拒否されてしまうのです。
安くサービスが良く自宅からほど近いガス会社が良いと思っても、ガス会社同士の関係の有無で対応可否が変わってきているのです。これは昔からある業界の慣習が未だに残っている業界にとって知られたくない恥ずべき体制です。

ガス会社同士の談合、その原因とは。

このような問題がどうして未だに残ってしまっているのでしょうか。
通常の社会では、競争原理が働き時代が流れる程に安価になっていきます。
しかし、ガス業界はずっと同じエネルギーを使い続けており、いわば消費者の上であぐらをかいてきた業界です。
高かろうが必要とされるエネルギーは、本来生活の礎となるべき消費者目線で供給が必要不可欠なはずです。
これは、プロパンガスの流通システムそのものの在り方が問題といえます。
元売り、卸し、小売りと販売の立ち位置によって会社の力も変わっています。
この三位一体となる体制が各社の関係を強固なものとしていき、グループ化していきます。卸元のガス会社は小売り業者の顧客を奪いませんし、逆もまた然り。こうした関係会社が増えていくと談合グループが出来上がります。
他にもガス会社は配送を委託する事もしばしば。自社の配送トラックを確保するより、効率的に供給ができる体制が好ましい場合は、ガス会社は配送を他社へ委託しています。こうした委託先が同じである場合もトラブルの原因となる為、ガス会社同士でバランスを図り対応してもらえない事があるのです。
消費者が自由にガス会社を選択できる権利があるにも関わらず、ガス業界の事情次第となっている自由度が低い体勢ができています。

ライバル社との争いに巻き込まれる消費者

ライバル同士はお客様の奪い合いが激しく行われています。
プロパンガス物件の数には限りがあり、いわば陣取り合戦です。
より消費者に向けたサービスができるか、安く提供できるかなど競争する事で料金もサービスも向上するはずが、顧客を取る為だけの戦略が目立ち、最終的には消費者へとしわ寄せがいっているのです。
ライバル社から顧客を獲得する為に、安い料金で営業し契約を獲得していますが、その価格を維持する事は毛頭ない悪質なガス会社が存在しています。しかもそうした業者は少なくありません。
営業マンが提示する価格には気をつけなければいけません。

談合していないガス会社の存在

談合を一切していないガス事業者は全国津々浦々探しても皆無に等しいでしょう。
それだけ談合意識は既に薄れ、一般的なガス業界の常識としているのです。
LPガス協会など、特に料金トラブルが起きないように注意奮起されていますが、全く逆の行動かもしれません。
安い業者を紹介する団体や企業への誹謗中傷が行われています。
悪徳ブローカーと位置づけ、消費者へ注意を呼び掛けています。
LPガス協会はガス会社の集まり団体となっており、消費者を守る為だけではなく、ガス業界をも守る為に存在しています。ガス業界を守る事は利益を確保する事に繋がりますから、現状から利益幅を落とし適正価格での供給に賛同していない側に属するといえるでしょう。
しかし、こうした状況下でも奮闘されているガス事業者もたくさんいらっしゃいます。
消費者に向けたサービス展開を視野に、お客様へ良心的な価格提案を耳にしています。
しっかりその価格帯を維持し続け、ガス業界の意識改善にも貢献して頂きたいと願っています。

適正なガス代を提供し続ける業者選び

様々な事情を抱えるガス業界では、どのガス会社が適正価格で提供してくれるかわかりません。
一般的には知名度が高いガス会社であれば安心感はあると思いますが、ガス業界では通用しません。
大手ガス会社であるにも関わらず、小さな販売店の倍近い料金設定も存在しています。
地域の適切なガス会社選定には、ガス会社を紹介してくれる団体へお願いするのが好ましいと言えるでしょう。
適正価格を保証する団体もあります。

オススメのガス会社紹介団体

関連記事:神奈川県のガス会社|ガス自由化

関連記事:神奈川県のプロパンガス会社・LPガス販売店一覧【まちがす】

激安プロパンガスにちょっと待った! 適正価格のガス料金とは?

高いプロパンガス料金

高いプロパンガス代を毎月お支払している方にとっては、少しでも安い方がいいし、できれば都市ガスが良い。
みなさんそんな風に思われているのではないでしょうか。
現在のガス料金よりも明らかに安い価格設定のガス会社であれば、つい契約をしたくなるのではないでしょうか。
その契約にちょっと待った!
安くなるという甘い言葉の裏には巧妙に仕掛けられたガス会社側の思惑が。。もちろん安い価格を維持する良心的なガス会社が存在しているのも事実です。しかし、多くのガス会社は価格を維持せず値上げを繰り返しています。知らないうちに地域でも高いガス代になっている方が続出しています。
契約後に公開しないプロパンガス会社選び、契約内容についてなど学んでいきましょう。

激安プロパン会社と契約すると起きやすい問題

「激安」とは一体どの程度の価格設定を指しているかと言いますと、200円~270円程度に設定されている価格帯を言います。
悪質なガス会社の営業マンなどは、契約を獲得し易くする為、激安料金を提案し現在のガス代と大きな価格差がある事を数字で説明してきます。その差額は数千円になる事も良くありますが、営業価格の場合が多いようです。
営業価格は営業マンが獲得し易い特別価格です。ガス会社の利益が少ない料金設定となっており、一見良心的なガス会社であるかのように思えます。しかし、契約後に複数回に分けて値上げを繰り返し、結局500円を超える料金まで値上げされる事もある為、非常に注意が必要です。

激安プロパン会社との契約時の注意点

経済的な余裕が無いご家庭や企業にとっては、激安のプロパンガスの方が魅力的に思えると思います。
しかし、契約して数か月後に高い料金へと徐々に引き上げられては本末転倒です。
こうした契約後のトラブルを避ける為にはどのような事に注意すべきなのでしょうか?
また、こういうケースは避けた方が良いであろうなどの注意事項を奮起していきます。

適正価格を維持するお約束「保証書」の発行

ガス会社が価格保証をしてくれる事は皆無に等しいと思いますが、第三者機関を通じて保証する事ができます。
LPガスは日本で採掘されている訳ではありません。殆どが海外に頼っている輸入製品です。こうした輸入製品の場合、円レートも関係してきますし、石油から採取できるLPガスですから、ガソリンと同様に石油価格の情勢によっても上下しています。
こうしたガス代の値上げについては、様々な複合的要因から成り立っている為、消費者側で判断する事は難しいともいえるのです。
そんなとき、価格を保証してもらう事ができれば安心ですよね。
ガス会社の身勝手な値上げがなくなり、いつまでも安い料金を維持する事に繋がります。

激安料金は値上げされたら解約すれば良い?

これは大きな間違いです。
ガス会社も契約期間が短く点々とガス会社を変更されている方とわかると好条件を出してもらえない事も。
良質な顧客様へ向けた良心的なサービスが基本概念になりますから、長く良いお付き合いを続ける為のサービスとなっています。
しかし、長期利用が見込めないと感じさせてしまうと、ガス会社も辞めてしまうのに良心的過ぎる価格にしなくても良いだろうと足許をみられてしまうのです。
これは、どの地域でもどのガス会社でも同じような考え方を持っていると認識しておきましょう。
長く契約を継続する為の最善策を考えていきましょう。

何故ガス代は値上げされるのか?

プロパンガスは何故頻繁に料金調整が行われているのでしょうか。
せっかく良いガス会社と契約したと思っても契約後に値上げされると不信感に繋がってしまいます。
プロパンガスの値上げには時期も関係しているようです。
とくに秋~冬のガスの使用量が多くなる時期に値上げされてしまいます。
これは原油価格の動向を追っても同じく値上げされる事が多いのです。
良くないガス会社はこの時期を理由にできる事からも利益が大きくなる事を考慮した値上げを行い、輸入価格も値下がりを見せる春~夏にかけて値上げ幅よりも低い値下げを行い徐々に高い料金へと変動させているのです。
悪質業者は安く仕入れられる時期でも高いままを維持し続けて利幅を上げているようです。

検針票に内訳詳細の記載がない!?

2017年にガス自由化に伴い、消費者を守る為の体制が整ってきています。しかし、国が思っている施策とは全く逆の効果を生み出している事もあり、今後のLPガス事業者の動きが注目されています。
電気も都市ガスも基本料金や単価などの明細はホームページからも容易に確認できます。プロパンガスの場合は詳細情報が薄く、基本料金や単価の記載がない事もあります。
使用量と請求額、使用期間の記載がある程度です。この場合は、正しい単価を計算する事ができません。もちろんガス会社へお問合せすれば設定状況を説明する義務がありますから、気になる方はガス会社へお問合せをオススメします。

激安プロパン会社へ申し込んでしまった!

万が一、知らずに書面に記載し申し込みをしてしまった方も対策はあります。
1週間以内に申し込みをキャンセルする旨を連絡しましょう。
1週間以上が経過すると解約手続きを行う必要が出てきてしまい、手間が増えてしまいます。

料金相談ができる機関へ

現在のプロパンガス料金を高いと感じている方は、公正に判断してくれる機関へ相談するのが良いでしょう。
全国対応している団体が良いかもしれませんね。

プロパンガス会社・LPガス販売店一覧【まちがす】

高すぎるプロパンガスの料金のからくりと料金を下げる方法

高すぎるプロパンガス料金

プロパンガスはどうしてこんなに高いのでしょう。

エネルギーの自由化、電力、都市ガスの自由化と共に消費者の意識は高まってきています。

しかし、ガス会社の言い値で決められているプロパンガス料金は都市ガスに比べてもまだまだ高く、不透明な部分が数多く残っています。

地域性によっても談合意識のとても強い業界です。
価格競争がほとんどない山間部などの地域や、昔からの付き合いで継続して長いこと利用しているという場合い、知らず知らずのうちに料金が引き上げられているという問題が数多く聞かれています。

また、原油の高騰時などで値上げになってしまっても、下落時にはめったに値下げしません。
その為、結果的に料金はどんどん高くなっていきます。

毎日の生活に必要不可欠なガス料金が、家計を圧迫している現状にお困りの方もたくさんおられると思います。
ガス料金をを適正価格に見直すことで、毎月のガス料金が大きく変わってきます。

また、アパートやマンションなどの賃貸に住まわれている方は更に高いガス料金を支払っている可能性があります。
いくら安い家賃の所に住んだとしても毎月の光熱費が高ければ高い家賃の所へ住んでいるのと変わりません。

それを理由に入居者の方が出てしまい、空き家になって困っている大家さんもいらっしゃいます。

両方の首を絞めてしまっているのが現状です。

アパート・マンションンなどのガス会社の切り替えは大家さん、管理会社などの了承が必要になってきます。

入居者の方も住みやすく、大家様も気持ち良く寄り添える物件作りも、適正価格の良心的なガス会社を選ぶことで実現できます。

各都道府県には、大体数百社ものガス会社があるので、その中から自分に合った良心的なガス会社を選ぶのは至難の技です。

節約をしたいと思った時がそのタイミングです。
都市ガスをお使いの方はもちろん、地域的な理由や災害のためにプロパンガスをお使いの方もきっとご自身の生活スタイルに合った 「適正な価格のガス料金」 に出会えるはずです。

ガス会社を選ぶ注意点に気を付けて長い間安心して利用できる良心的なガス会社をご自身で選んでいきましょう。

ガス会社を選ぶ時の注意点

【料金の透明性】

毎月のガス料金は基本料金とガスの使用量に応じて請求される従量料金によって構成されています。
今現在利用しているガス料金についてしっかりと提示してくれるガス会社を選びましょう。

【値段の変動】

原料調整と言われるガソリンと同じように、原油価格によって料金は変動する可能性があります。
事前通知なしで値上げをしたり、消費者の足元を見て、ほぼ毎月のように値上げを繰り返す
ガス会社は良心的ではありません。

【緊急時の対応】

ガス漏れや何か問題が起きた時に、質問や相談に迅速に対応してくれるだけでなく、
丁寧な作業・感じの良い接客態度など、消費者に寄り添った対応をしてくれるガス会社を選びましょう。

【切り替え時の引き止め】

新しいガス会社に切り替えようとする時に、一時的にガス料金を値下げして、
また徐々に値上げを繰り返したり、不当な違約金を請求するガス会社には気を付けましょう。

都市ガスとプロパンガスメリット・デメリット

【都市ガス】

  • 料金が安い。
  • 災害が起きた時に復旧に時間がかかる。

【プロパンガス】

  • 都市ガスに比べて料金が高い。
  • 火力が都市ガスの2倍以上ある為使用料が少なく済む。
  • 災害時の復旧が早い。

都市ガス、プロパンガス、それぞれにメリット、デメリットがあります。
地域性もあり、プロパンガスしか供給できない場所もあります。
地域性と、ご自身の目的に合ったサービスを提供してくれるガス会社を
見つけていきましょう。

関連記事:神奈川県のガス会社|ガス自由化

関連記事:神奈川県のプロパンガス会社・LPガス販売店一覧【まちがす】

プロパンガスの安全性と特徴を知っておくとお得です

プロパンガスの安全性と特徴

日本国内で幅広く利用されているプロパンガスは、「環境にやさしい」 「火力が強い」
「持ち運びが簡単」 「災害に強い」などという特徴を持っています。

【特徴】

プロパンガスは一般的に毒性はなく、無味無臭となっています。
その為、ガス漏れ感知の為に独特の臭いをつけてあります。

プロパンガスは、空気より重いという特性があります。
その為、探知器も天井ではなく、足元に近い場所につけて感知することになります。
万が一ガス漏れしたときは、地面を這うようにガスは拡散していき、低い場所で停滞します。

プロパンガスは熱量も都市ガスに比べて強く、燃焼時に排出する二酸化炭素(CO2 )の
排出量が少ないので、環境にやさしいエネルギーと言われています。
そのような火力の強さも飲食店などの業務用途に最適と言われています。

プロパンガスは災害時の復旧の早さの利点もあります。
都市ガスは工場でガスを製造し、各家庭にガス管を通して供給するというシステムになっています。
その為、地震などによって影響を受けやすいガス管は亀裂が入ったり、破損してしまう可能性が
あります。
破損してしまったガス管を復旧させるには、順次地中にあるガス管をチェックして、新しいものと交換するなど、地震発生時の発生エリアをすべてチェックしなければならないので、どうしても全面復旧までに時間を要してしまいます。
その点、プロパンガスボンベは各家庭に設置されているので、点検が簡単にでき、復旧が早いというだけではなく、仮設住宅などでもボンベが設置出来れば早い段階で供給が可能となります。

このような利点と特徴のあるプロパンガスは、営業を長いこと止める事の出来ない
工場や病院、飲食店などの店舗でも重宝されています。

工場・店舗など業務用ガス料金について

都市ガスよりも火力も強く、災害時の復旧も早いプロパンガスは、工場、店舗、飲食店、病院など
業務用として使用されている場合が多くあります。

業務用となると、毎月の使用料は多く、悪徳な値段のガス会社と良心的な値段のガス会社とでは
年間数万、数十万もの差となってきてしまいます。

一口に業務用と言っても、工場、病院、飲食店、美容院、など様々な業種があります。
業務形態も多岐にわたります。その為、ひとくくりとして「業務用価格」としての適用が
可能なわけではありません。

業務用価格の適用として重要なのは、「プロパンガスの使用料」になります。
業務用としての利用であったとしても、一般家庭の使用料と変わらない場合は、
一般家庭の供給料金と変わらないケースが多くなります。

一般家庭の使用料としての例

1人暮らし 5~10㎥
2人暮らし 10~15㎥
3人暮らし 15~20㎥
4人暮らし 20~30㎥
5人暮らし 30~40㎥
6人暮らし 40~50㎥

業務用料金が適用される使用料の目安は、おおよそ、月間100㎥程度ととなります。
しかし、一般家庭でもそうですが、夏場は使用料が少なく、冬場は使用料が多くなります。
暖房機器や、お湯、水からお湯へ温める熱量も夏場に比べると多く必要となってきます。
その為、使用料もアベレージで適用される場合が多くなっています。
使用料アベレージはおおよそ月間80~100㎥程度と言われています。

一般家庭のガス料金は、基本料金+従量料金(1㎥×使用料)という二部制の料金体系が一般的となっています。
しかし、業務用プロパンガスは使用量が多いので、基本料金はなく、従量料金のみという価格設定が多くなっています。従量料金も一般家庭に比べると安い料金設定となっています。

一点だけ注意しなければいけないのは、その店舗が賃貸であった場合、オーナー様の許可がいる、ということです。病院や工場などを経営されていて、ご自身が建物のオーナーであるという場合は問題ありません。ただ、飲食店や美容室などで店舗を借りている営業をしている場合は、建物の権利者であるオーナー様の許可を取っておく必要があります。

ガス切り替え相談サイト

関連記事:神奈川県のガス会社|ガス自由化

関連記事:神奈川県のプロパンガス会社・LPガス販売店一覧【まちがす】