プロパンガス会社の正しい選び方

プロパンガス選びでお得に

これから新築や中古物件の購入を見当されている方やマンションやアパートを運用されている大家さんなどは非常に重要になるのが、どのガス会社と契約をするかです。
各ガス会社は強みが違い、大家さん向けに物凄く力を入れているガス会社とそうでない会社ではガス料金やガス機器等のサポートメリットやデメリットが大きく変わります。

新築購入を見当されている方

新築の場合、どのガス会社にするか選定し易い物件状況です。
ガス会社側と建築業者の折り合いをつける必要がありますが、建築業者が推奨してくるガス会社は避けた方が良い場合があります。決して安価なガス事業者とは限りません。建築業者と業務提携をしており紹介料が支払われている可能性が大いにあるからです。
長くお住まいになるご自宅では、安心できる事業者とご契約しないと後々のトラブルになり兼ねません。
ガス会社と消費者の間で多いのは料金トラブルです。
トラブル回避の為にもより安心できるガス会社との契約をしなければなりません。

関連記事:プロパンガス料金は高い?平均価格と適正料金を確認!

中古物件購入を見当されている方

中古物件を購入し、ガス会社をどこにしようかと思っても変更できない場合、変更にお金が掛かる場合があります。
ガス会社をどうして変更できないのか?
それは、どのガス会社からもともと供給を受けていたかによっても違います。ガス業界では、都心から外れた地域であればある程、事業者間で争いを避ける為に顧客の奪い合いを行わない事が良くあります。
経験がある方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?
中古物件購入時にトラブルになった方の話では、
「ボンベやメーターはありますか?ある場合はそのガス会社に連絡してください。」
との回答が来たそうですが、疑問に思い、
「ガス会社は自由に決められるんですよね?」
と、そのガス会社に聞いたところ、
「●●さんのボンベがあるなら、この辺りで対応してくれるガス会社は無いと思うよ。」
これって自由原則に反した独禁法にも抵触しそうなお話が返ってきたそうです。
つまり、購入した物件のガスの契約内容やどのガス会社と契約されていたかまで把握していなかった事が原因で起きた問題といえます。
この方のトラブルはそれだけではありません。
ガス機器の貸与契約があったそうです。
「ガス会社の変更も難しいと思うが、その物件の貸与契約が残っており、解約するなら10万払って下さい。」
とガス会社に言われたそうです。
貸与契約を聞いてもいなければ、何のことだかサッパリわからなかったそうです。
よくよく聞いてみると、
「給湯器が故障した時に、貸与契約で新品と交換したから支払義務がある。解約するなら残債をキレイにして辞めてくれ。」
つまり、給湯器が故障しガス会社に連絡。
ガス会社は購入するパターンと、貸与契約による交換パターンを提案したそうです。
貸与契約の内容をみると10年の貸与契約年数となっていた。まだ設置交換から2年程しか経過しておらず、8年間分の支払い残債がある状況がわかったという。
これは、不動産会社にも連絡し、購入前に残債があるものは全て開示すべきだったと主張し、大きなトラブルに発展したそうです。
こうした問題を事前に相談できる機関や専門的な団体があれば問題を軽減する事ができます。

参考記事:プロパンガス最安値料金 | プロパンガス 料金比較サイト

賢い大家さん!マンション・アパート経営!

大家さんにとって都市ガスとプロパンガスではメリット・デメリットが違います。

プロパンガスのメリット

  • 建設時には建設費用の削減
  • ガス機器のメンテナンス費の削減
  • ガス機器以外の住宅設備の強化サポート

プロパンガスのデメリット

  • 都市ガスに比べてガス代が高くなる

都市ガスのメリット

  • ガス代がプロパンに比べて安い

都市ガスのデメリット

ガス機器のメンテナンスは大家さん負担

プロパンガスをできる限り最安値価格帯で運用できるとメリットが大きく感じますが、入居者はプロパン物件は高い先入観を持っており、都市ガスエリアのプロパン物件は分が悪くなる可能性が生じます。
しかし、ガス機器の交換時期は必ずやってきます。
機器にもよりますが、早い場合は5年~8年程と言われており、10年以上持つ場合もあります。
古い給湯器は最新設備に比べ熱効率も悪く、対応が悪いガス会社の場合は追い焚きができません。
また、プロパン会社はガス機器以外を大家さん向けに提案している事が多くあります。
例えエアコンやテレビドアホン、会社によってはウォシュレットタイプの便座に無償貸与で支払なく設置してくれるのです。
物件の設備向上は入居率にも関わる為、非常に大家メリットが大きいといえるでしょう。

関連記事:プロパンガス平均料金はいくら?- 神奈川県のガス適正価格を考えます。 | 電力・ガス料金比較

ガス会社選定方法

ご自身で複数の業者に相見積もりを取られる方もいらっしゃるようです。
しかし、専門的な紹介業者にお願いする事で要望に見合ったガス会社を紹介してくれます。
しかも無料でお金が掛からず紹介してもらえます。
大家さんや物件購入をご検討されている方にはオススメします。

参考記事:ガス自由化ガス会社

参考記事:プロパンガス会社・LPガス販売店一覧

参考記事:プロパンガス最安値料金 | プロパンガス 料金比較

これから新築を建設予定のあなた。 プロパンガス会社はご自身で選んでください!

新築戸建でプロパンガスを契約する際の注意点

新築戸建でプロパンガスを契約する際に、まずやらなければならないことは、プロパンガス会社選びですよね。
プロパンガス会社の選定は慎重に行ってください。

実はプロパンガス会社を、新築戸建てを購入した持ち主ではなく、ハウスメーカー、建築会社、工務店などの施工者が選定・契約しているケースがほとんど
なんです。
プロパンガス会社は、新築戸建の施工者への営業活動をしており、業務提携をしていたり、それぞれつきあいがあるプロパンガス会社が決まっていたりすることがあります。
しかし、ご存知の通り、プロパンガスは誰でも自由に選ぶことができるもの。

そして、プロパンガスをお得に、良心的な価格で利用したいのであれば、新築戸建でもハウスメーカーや工務店に任せにせず、ご自身ででプロパンガス会社を比べて選ぶべきなのです。
なぜ新築戸建のプロパンガスを自分で選ぶべきなのでしょうか。

自由料金制

プロパンガスは、水道などの公共料金ではなく、自由料金だということをご存知ですか?
プロパンガス料金は国による規制がないので、プロパンガス会社がそれぞれ独自の料金体系に基づいて決定をしています。
ということは、それぞれのプロパンガス会社で料金が全く違うのです。
ハウスメーカーや工務店のすすめるままに、他社と比較することなく契約してしまったら、
他社の倍、料金を支払う契約になる可能性もあるのです。

初期工事が必要

  • 配管工事
  • ガスコンロ、給湯器などのガス機器の設置
  • ボンベ、メーターの設置

これらの初期工事は、契約するプロパンガス会社が担当し、新築戸建の建築工事と同時に行われます。
知らず知らずのうちに配管工事等が入って契約が進んでしまってい初期工事が始まっているという場合もあるので、
新築戸建の施工が始まる前が重要なタイミングです。
ガス会社をご自身で選ぶ旨をしっかりと伝えて、複数見積もりをとり比較して慎重に選んで下さい。

無償貸与

「入居してからゆっくりプロパンガス会社の切り替えを考えればいいか」と考える人もいるかもしれません。
また、建設会社などの中には「うちで選んだLPガスを契約すれば、初期工事が無料になります。」という話をするところもあります。
しかし、ここに落とし穴があります。
実際のところ、新築戸建で施工者の得意先であるプロパンガス会社が自動的に配管工事やボンベメーターの設置などを手がけた場合、
建築時に新築戸建の購入者が初期工事の費用を支払うことはありません。
しかしこれは、初期費用を肩代わりして無料になった、というわけではなく、「プロパンガス無償賃貸契約」と呼ばれるプロパンガス独特の契約が知らないうちに結ばれているのです。
この契約は、その名の通り、プロパンガス会社が、配管やガスメーター、ときには給湯器などのガス機器までも、契約者へ「(建築時には)無償」で「賃貸」するもの。
ただし、「無償」とは名ばかりで、現状、新築戸建の建築時にかかったプロパンガスの初期工事やガス機器の費用をローンのように月々のガス料金に割り増しして請求していることがほとんどなのです。
しかも、その無償賃貸契約ではほとんどの場合、10〜15年ほどの長期契約が条件となることが多く、途中解約するためには解約金や違約金が発生してしまいます。
このような問題からも、しっかりと、良心的な金額で末永くお付き合いできるガス会を選ぶことが大切です。

貸与せずに購入がお得な場合も

上記の無償貸与での説明でもある通り、リースで減価償却していく方式となる為、支払商品の利益はガス代に乗せられてくる内容です。
無償貸与の方がリスクが低く、メリットが大きい場合もありますが、購入した方が良かったと後々後悔する方も少なくありません。
長い年月でみると、ご自身でお住まいの物件、特に戸建ての場合は購入した方が後々お得になる事が多いでしょう。
無償貸与の一番メリットあるケースは物件を運用される大家様になります。

関連記事:神奈川県のガス会社|ガス自由化

関連記事:神奈川県のプロパンガス会社・LPガス販売店一覧【まちがす】